スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photography

thought on an ordinary street

Figure and ground--a path might be a figure, and at the same time its encloses the ground with its edge.

20050818181445.jpg


We head for somewhere to reach in life. A path is a milestone, and a hope to someday reach where we are heading for. Chinese writer, L? X?n said, "There is no path at the beginning. Once there are many people walking, that becomes a path." People continue walking on the path, resting at stations sometimes, then the surrounding gradually becomes the ground and grows as a city, or a new route is pioneered to reach new direction.

20050819000047.jpg


20050819102326.jpg

Some path may go out. Emptied street, and the remained ruins of the streetside. The path stays quiet waiting for the return of people, leading to the past memories. Walls are decaying in time.

20050818234655.jpg

Broadway in Manhatta was the route that native American used to walk. It cuts into the Iron Grid of modern days, producing the outlands in the city to remind the crisscrossing past and today. And in this century, people looked up and head to the sky, higher and higher with skyscrapers.

20050819102353.jpg

Away from the ground path, people almost lost its ground. Sky is almost hidden among the valley of steel shafts. Sunlight spilled out from the narrow gap tells the distant goal. Still, the moment of seeing the light tuns into the vector for the future.

20050818234610.jpg

I long for the goal to be a home. "Welcome home," her voice kept Odyssey heading home. The gate of the home is somewhere open with warm welcome.

スポンサーサイト
Comment

はじめまして。
訪問者履歴より立ち寄りました。
興味深い写真に見入ってしまったところです。
建築や美術を学んだ事はないけれど見るのが好きです。
私はただ見て「あ~」と感嘆するほうの人だと思います。
道の写真も素敵です。
また、時々見に来ます。
小さい素敵な美術館を見つけた気分です。
ありがとうございます。

お久しぶりです。

ほんといつもいつもものすごく綺麗な写真ですよね。(ちょっと読みづらくてすみません)毎回来るたびに癒されます。目の付け所のツボがかなりひつじに合ってます。(自分では撮れませんが)ひつじも写真大好きなのですが馬鹿なことにカメラを日本に置き忘れてしまい撃沈。今は取っていませんが来セメスタでPhotographyを取ろうと思っています。(Black & White)ちなみにks530さんはどのくらいの頻度で写真を撮っているのですか?

あまがえるさん;
お越し下さりありがとうございます。写真、見てもらえてうれしいです。
いつからか、あふれるモノや情報の中で感覚が麻痺していく感じが強くなってきています。今、まわりを見回して、本当に自分の中から”感嘆”できるものって、考えてみるとすごく少ないと思いませんか。だからそういうものを求める気持ちも強いのかもしれません。なにより、自分が見たり感じたり考えたものを大切にしたい。その手段として、写真を撮ったり、絵を描いたり、建築したりしているのだと思っています。
ところで僕も料理作るの好きなので、レシピ、使わせてもらいます。時々おじゃまして。
ひつじさん;
コメントありがとうございます。
あまがえるさんへの返事でも書きましたが、まずは自分が感じ、考えたこと、そしてその感動を与えてくれたものをどうやって表現するか、(言い換えれば)自分にとって意味のあるものにするか、そこにつきます。いい写真家の撮ったものを見ると、心に残るものはそれが写真であるとかアートであるとかは関係ない、見る人が共感できる人間的な「表現」だということにいつも自然に気付かされるのです。それを考えるようになってから、逆に撮る写真が減りました。デジカメになってから、とにかくバカバカ写真を撮るようになって、でもそれで心に残る写真が増えたわけではないのに気付いたんです。記憶をとどめるためであったり、表現するメディアだった写真が、いつからか単なる”記録”になってしまった。写真を撮ることが容易になったために陥りやすい、写真のための写真、記憶でない、記録のための写真。
だからカメラは出歩く時はいつも持っていますが、週末、時間をかけて歩き回ったり一カ所で時間をかけられるときに写真を撮ります。突然いいものに出会ったりとかでない限り(まあ、そういうものに出会うことも多いけど)できるかぎりひと呼吸置いて、どうやって撮ろうかとかいつ撮ったらいいかを考えてから撮るようになりました。「熟成」させるというか。
このブログの最初の書き込みは、(えらそうな書き方ですが)このことについてのマニフェストのようなものでした。これは、忘れないようにしたいと思っています。

ks530さんはすごいですね。ずばりと物事を見抜くというか、物事に対する視点というか。。。未熟なひつじにはぴたりと当てはまる言葉が捜せませんが。
自分が写真に興味を持ち始めたのはもうデジタルも主流になっていたころなので気づかず通り過ぎてしまってました。確かにデジカメなるものが出てきてから「写真=便利で手軽で楽しい」というものが定着しつつあったように思います。まだ自分が小さかったころはそんなものがなくて、家族で遠出したとき、誕生日会、学校の行事などなにか特別な時にしかカメラなんて使わなかったし、使おうとも思わなかったです。だからいっそう、写真に残ったものには特別な思いが残るしそのときの事を鮮明に覚えていられたように思います。最近は携帯電話にもついているカメラ。そのカメラで撮る写真は撮るだけとってあとで簡単に削除できてしまう、つまりとりあえず撮っておけばいい、という感覚で自分も使ってしまいます。逆にその手軽さのおかげで気の張らないLIVE感のある写真がとれることもあります。でも確かに幼少期に撮ったもののような心に深くとどまるようなものはかなり少ない、というか無いのかもしれません。自分も写真というのは書類的記録ではなくもっと人のぬくもりを持ったものであり、物質的に考えればただの紙ですが、紙以上、もしくは一人の人間の存在すら表せるものだとおもいます。なんだかアツく語ってしまってすみません。。。ks530さんのコメントに強く心を動かされてしまったもので。。。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ks530

Search BOX・Tag List
Entry Navigator
  • Machine and hands (04/17)
  • The photos today and for the next entry are taken when I visited a wooden furniture factory in Bishkek, Kyrgyzstan. The visit left me various impressions, but
  • Past of Beirut (08/14)
  • Lebanon:My stay in Beirut was accidentaly overlapped with the struggle in Tripoli and the bomb explosion (terror attack?) in Beirut central area.The struggle w
  • Kyrgyzstan 2. Bishkek (11/15)
  • We stayed at Bishkek, the capital of Kyrgyzstan, for a short period of time as we accessed to Naryn. But I could take a short walk around the hotel to feel the
  • Trip to Central Asia 1. Kyrgyzstan (11/09)
  • I recently visited the project sites in Kyrgyzstan and Tadzhikistan for the first time. This time I will introduce the town of Naryn, located East of Kyrgyzsta
  • In praise of light and shadow (08/10)
  • One of the main theme of this blog is to reveal that "a subject" is not externally existing, but internally realized. To do so, we might have to not
mail

name:
mail:
title:
body:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。