スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

photography

Light and shadowーidea/mind/perception

A cast light and a radiating light. Does the light cast shadow, or the shadow illumiated by the light?

20050521095255.jpg


20050521095321.jpg


Probably the light and shadow is not antithetical. What it means would be transformed by takers.
janof.jpg


shadow.jpg


Junichiro Tankzaki's "In praise of Shadows" is well known more outside of Japan to know the traditional culture and beauty of Japan. It is the world created by the nostalgy of Tanizaki toward the life of traditional Japanese people who radiates dim light in a shadow through quiet life. It was almost impossible to live in traditional way for Tanizaki since he was used to live in Western lifestyle that had been introduced earlier. However, the scenery of such traditional lifestyle occupied the core of his mind, and it strongly influenced his literature and his later lifestyle.

His sense of beauty known as "wabi/sabi," (say, enriched but quiet simplicity) which capture the surrounding beauty through the stream of time (this represents the realization of your'self' within the surrounding environment/nature by relativizing each other) might be similar to the romantic notion of the past such as ruins in Western culture. In that sense, Tanizaki knew that he capture the notion of Japanese tradition through modern mind, rather than living in it by himself.

20050521095132.jpg


20050521095145.jpg



Why does New York make me feel nostalgic? Is my mind also the evidence that New York continues to take over utopian dream and its legacy from the past to the future? People tend to overlay the light and shadow of their memories to New York, to possess the nostalgic scenery of their own.
スポンサーサイト
Comment

初めまして

突然ですが、私は詩や文を書くのが好きです。
そういう人間が建築に異様な好奇心をそそられる訳を、
垣間見せて頂ける気がしました。
またこさせて頂こうと思います。

kotoさん;コメントありがとうございます。
詩や文を書くということと、写真を撮ったり建物を作り出すということは、最終的には同じことだと思っています。写真家や建築家が特殊技能を持った人間である、ということは(特に)建築の社会性を考えれば確かに「そうだろう」とは思いますが、でも何かを生み出し創り出すということ自体に詩人や作家との違いはないと思います。
それって、言ってしまえば「当然だろう」みたいに思われがちですが、作る側にある人間にとっては見落としがちなものでもあると思うんです。技能だけでもある程度できますからね、言ってしまうとみもふたもないですが。
写真について、建築について書いているのは、それらが自分にとって詩的であるもの、創造的であるものであることを再確認するためです。だから詩や文を書くことと同じベクトルで、建築に興味や好奇心を持つのも、僕は自然なことだと思いますよ。海外には建物を建てない「unbuilt」の建築家がたくさんいます。じゃあ、彼らの「机上の建築」とは何か。日本でも、その「unbuiltな建築」の意味をもっと考えるべきだと思います。

ざわざわと

あぁ。。なんてなんてkoto心をくすぐる言葉。
「unbuiltな建築」
身体の内側で何かが動いて、鳥肌を立てます。
久しぶりの感激にわたし中がざわざわしてます。
自分が何か忘れてるなんて思いもしなかったんですが、
何故か何かを思い出せそうな期待感を持ってしまってる。
直接的に性的な事以外で性的高揚を覚えるのは、
遅まきながら生まれて初めての感覚です。。

ちょっとドキッとするコメント、ありがとうございます。
「umbuiltな建築」にそれほどの意味を込めたわけではないのですが。(笑)それでも何か詩的なものを感じてもらえたならばうれしいです。
でも何かを捉える瞬間、何かを作り出す瞬間、それって自分の生きていることを実感する瞬間でしょう。kotoさんの言っている感覚はよくわかります。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ks530

Search BOX・Tag List
Entry Navigator
  • Machine and hands (04/17)
  • The photos today and for the next entry are taken when I visited a wooden furniture factory in Bishkek, Kyrgyzstan. The visit left me various impressions, but
  • Past of Beirut (08/14)
  • Lebanon:My stay in Beirut was accidentaly overlapped with the struggle in Tripoli and the bomb explosion (terror attack?) in Beirut central area.The struggle w
  • Kyrgyzstan 2. Bishkek (11/15)
  • We stayed at Bishkek, the capital of Kyrgyzstan, for a short period of time as we accessed to Naryn. But I could take a short walk around the hotel to feel the
  • Trip to Central Asia 1. Kyrgyzstan (11/09)
  • I recently visited the project sites in Kyrgyzstan and Tadzhikistan for the first time. This time I will introduce the town of Naryn, located East of Kyrgyzsta
  • In praise of light and shadow (08/10)
  • One of the main theme of this blog is to reveal that "a subject" is not externally existing, but internally realized. To do so, we might have to not
mail

name:
mail:
title:
body:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。