スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

movie

"Nobody Knows"

20050520123134s.jpg


For two hours, the movie keeps its stifling tension. Where does that come from?
For many people who watch this movie might know that the movie is based on the true story. Some may know the rough story line before watching the movie. At that point, a trap is planted by the movie's director, Kore-eda beforehand.
Out audience viewpoint is forced to stay at the same level as those adult chracters who stay as bystanders of this incident. Even the movie directer himself knows he is also one of the audiences--and very because of that, he tries to capture the every single motion of the children, and the dlicate ripple of the children's mind.

Of course, the movie is worth mentioning by dealing with the theme overcasting today's Japanese society--the scars that can not form scabbing and heal. However, the movie won't ask the stereotypical emotional reactions, (by asking that, what does that do? To think of becoming a good person, good parent? Does that help dealing with this kind of social problems? ) but the movie clarifies the relationship between children and adults, the audience/the adults/the directer and those socially weak children to bring down the viewpoint of the audience to the same level of those adults characters.

That is the trap planted by the directer into the movie to keep us realize the selfishness of the adult perspective and moral reflected on the children's eyes, while there is an unreachable distance forced onto us/audience as bystanders. Then this movie makes us realize that little awareness toward such weak would overlook their existence, and that would even destroy and erase them without even knowing. Once we realize that through this movie experience--the voice of this movie quietly spreads out through the audience--and the trap turns into the key to open up the world hidden beneath.
スポンサーサイト
Comment

はじめまして!

過去記事ですが、遅ればせながらT/Bさせて頂きました。この映画は語りたい気持ちにさせる一本ですね。今後ともよろしくお願いします。

この映画に米国人がどういう感想を持つのか、物凄く興味があります。
よろしければもっと詳しく教えて下さい。

hageさん(でよろしいのでしょうか...)
アメリカでの評価を、メディアがいかに取り上げたかという点で書いてみました。そこに、この映画のもつ力があると思ったからです。この事件がアメリカ人にとって特殊なものに映るかどうかということについては、映画を見た後では自分にとって大きなポイントではないように思いました。
もちろん、映画を見る前にこの事件のあらすじを読んだだけの時点でなら違った感想はいろいろあるでしょう。でも映画館の満席の人たちは真剣に映画に見入っていましたし、映画が終わったとにちらほら聞こえた感想も事件のディテールにではなく、映画の突きつけた何か大きなものに動かされた、といった意味のものを聞いたように思います。(年齢層は高かったし、この映画を見に来ているのが知識層というのも事実)
この映画を見た友人(中国人、韓国人、香港人、アメリカ人、南米系、ヨーロッパ系ひとそろい)に聞いても、感想はだいたい僕に似たものになりました。繊細さと緊張感、何かを突きつけられているような感覚、部外者であること、何もできないこと、もしかしたらこういったひずみを生み出すことに加担しているかもしれないという罪悪感、いろいろ出てきましたが、彼らの生まれ育った社会では起こりえない事件だとは誰一人考えなかったようです。特殊なようでいて、どのような社会でも起こりえる、だけど人の目に留まり得ない事件だと皆考えたようでした。その次元で、彼らは個人的にこの映画を受け止めている。そこに、僕としては大きな意味を感じました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback

「誰も知らない」

前略 クエンティン・タランティーノ様昨日、「誰も知らない」 を観ました。業界でも“日本オタク”と評判のあなたが絶賛していたこの映画。私、「タイトル? なんか暗そうだし・・・」   「やぎら君? 賞を取るまで誰も知らなかったし・・・」   「日本映画? 独特
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

Profile

ks530

Search BOX・Tag List
Entry Navigator
  • Machine and hands (04/17)
  • The photos today and for the next entry are taken when I visited a wooden furniture factory in Bishkek, Kyrgyzstan. The visit left me various impressions, but
  • Past of Beirut (08/14)
  • Lebanon:My stay in Beirut was accidentaly overlapped with the struggle in Tripoli and the bomb explosion (terror attack?) in Beirut central area.The struggle w
  • Kyrgyzstan 2. Bishkek (11/15)
  • We stayed at Bishkek, the capital of Kyrgyzstan, for a short period of time as we accessed to Naryn. But I could take a short walk around the hotel to feel the
  • Trip to Central Asia 1. Kyrgyzstan (11/09)
  • I recently visited the project sites in Kyrgyzstan and Tadzhikistan for the first time. This time I will introduce the town of Naryn, located East of Kyrgyzsta
  • In praise of light and shadow (08/10)
  • One of the main theme of this blog is to reveal that "a subject" is not externally existing, but internally realized. To do so, we might have to not
mail

name:
mail:
title:
body:


Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。